「修繕特約」という言葉は、賃貸物件を借りることになってから初めて耳にした言葉のですよ。それとも、もしかして契約期間満了の退去時に、敷金のトラブルが起こってから初めて耳にする言葉なのかもしれません。修繕特約とは、賃貸借契約を結ぶ際に契約の中に盛り込むことが出来る特約のひとつで、入居中の汚れや破損などの一定の範囲内の修繕は、借主が負担する事を定めていますね。本来だったら、退去時のハウスクリーニングなどは貸主がその費用を負担すべきなのですが、この特約によっては借主の負担と明記する事も出来ます。つまり、一般的に貸主が負担するだろう修繕費用までも借主に負担させることが可能に繋がるはずです。何となく借主にとっては不利な一方的な特約になっているでしょうが、この特約を設けることは「契約自由の原則」によって認められている為す。けれど、あまりにも借主が不利となる特約の場合は、訴訟になれば借主が勝訴する可能性もあるのです。修繕特約と言っても、必ずしも絶対であるという訳ではないため、泣き寝入りしないようにして下さい。また、こういうトラブルを事前に避ける為にも、賃貸物件の契約時には、必ず契約書に目を通し、不明なことは確認しておくことをお勧めします。入居時に「原状回復確認リスト」を作成し、借主、貸主のどちらがどの修繕の費用を負担するかチェックしておくと、さらに安心と呼ばれているのですー